アジア圏でカジノがプレイできる国

マカオや香港が有名

アジア圏でカジノを楽しむことができる国というのは意外と多いです。
代表的なのが、マカオや香港です。

中国の一部ではありますが、現在では経済特区に指定されているため、世界のVIPが集まる娯楽施設が置かれている特別な地域です。
歴史も長く世界中からVIPが集まり、VIPルームが併設されていることで知られています。

収益の殆どがそのVIPルームの収益と言われているほど、平場とは決定的な違いを見せつけているのです。
VIPルームに入るためにはVIPカードが必要であり、高額なデポジットの入金が求められます。

マカオのような歴史あるカジノでは、部屋ごとにVIPカードが必要であるため、生半可な成金では利用することができない環境になっているのです。
アジアの中でもマカオのようなカジノの歴史のある地域や国では、VIPルームが設けられることが当たり前であり、誰でも利用できる平場とは差別化をしています。

夜な夜なVIPが遊ぶ社交場であり、中国の富豪や共産党員の上層部などが数多く利用していると言われているのもうなずくことができるような環境です。

東南アジアの金融の中心地シンガポール

その他にも、東南アジアの金融の中心地と言われるシンガポールにも遊戯施設が置かれています。
その他には日本の隣の国である韓国、ビーチリゾートで知られるフィリピン、そしてカンボジアやベトナムと行った国々でも利用することができます。

日本国内ではカジノが禁止されていることもあるため、お隣の韓国で利用するという人も少なくありません。
初心者であっても平場であれば気軽に利用することができ、予めある程度マナーを理解しておけばそれほど難しいこともないので気軽に楽しむことができるのが魅力です。

最近では、カンボジアやベトナムと行った新興国でもプレイをすることができるようになりました。
ただ、カンボジアは首都のプノンペンの1箇所に限られていることから、それほど規模は大きくなく、歴史も浅い遊戯場となっているのです。

東南アジアで有名な遊技場はやはりシンガポール一択です。
VIPルームも併設されているので、世界的な富豪も利用している人が多いと言われています。

上手く利用すればドリンク無料サービスや上限があるものの食事を無料で楽しむことができるサービスも充実しているので、お得に利用することができるようになっているのも特筆すべき点です。

日本は今後どうなる?

さて、気になるのが日本です。
世界的な経済大国でありながら日本では現在カジノが禁止されています。

しかしながら、あと数年も経てば設置されるのではないかという見方が強まっています。
それというのも2020年には東京オリンピックの開催が予定されていること、政府が観光客の誘致を推進していることからわかるように、遊戯施設があればさらなる外国人旅行客の誘致に拍車が掛かると考えられいるのです。

事実、2016年にはIR推進法案が国会で可決されたことで、遊戯施設の設置が加速すると飲み方が強まっています。
日本の各都市は誘致に向けた動きが活発化しています。

遊戯施設を誘致することができれば、それだけ税収を見込むことができるため、地域の活性化に繋がります。
候補地として手が上がっているのが、大阪を始め沖縄や北海道といった都市です。

カジノが日本で合法化されれば、韓国やシンガポールと行った国々へ流れていた客を日本へ呼び込むことが可能となります。
政府も税収アップと地域の活性化、並びに観光客の誘致につなげることができるとあって誘致には力を入れているところです。

あと数年も経てば日本でも遊戯施設が設置されることは、明らかなこととなっているのです。
政財界の利権争いが激しさを見せているため、目が離せない状況であります。