カジノ王国、ラスベガスの治安って実際どうなの?

全米でも指折りの安全な都市ラスベガス

カジノと言えば真っ先に思いつくのがラスベガス。
ギャンブル好きの人なら、1度は訪れてみたい街なのではないでしょうか。

何しろ空港に降り立った途端に目に入るのがスロットマシーンの行列です。
これを見てしまったら、否が応でもアドレナリンが増すというものですよね。

でも、旅行に行く際に気をつけなければならないのが、現地の治安ですよね。
特に慣れない外国ともなれば危険な場所は事前にチェックしておくべきでしょう。

さて、カジノの街などというと何となく危険なイメージが持たれがちですが、ラスベガスは実は全米でも指折りの安全な都市であることをご存知でしょうか。
その理由を聞けば誰もが納得するに違いありません。

そのシンプルな理由のひとつが、ズバリ世界でも有名な観光地だということです。
なので夜の遅い時間でも、たくさんの人が表を歩いています。

カメラのフラッシュがいらないくらいネオンがピカピカ明るいということも危険度を下げてくれていますよね。
そのうえ、たくさんのホテルが立ち並ぶ「ザ・ストリップ通り」やホテル内にあるカジノには、警官が頻繁に出入りしパトロ-ルをしているので、女性のひとり歩きでも比較的安全だと言われています。

ダウンタウンやチャイナタウンは要注意!

でも、だからと言って気を抜いてしまったら危ない目に遭わないとも限りません。
どんなに安全だと言われている街でも、「行ってはいけない」という場所はありますよね。

ラスベガスも例外ではなく、絶叫マシ-ンで有名な「ストラトスフィアタワ-」の北側からダウンタウンに入る地域には、足を踏み入れない方が良いでしょう。
また、チャイナタウンも要注意地域であるということをしっかりと頭の中に入れておいてください。

こういった地域では、たとえ短い距離の移動でもタクシ-を利用することをおススメします。
メインストリ-トを歩いている分には危険を感じることはありませんが、横に通っている細い道など、メインを1本はずれた道も安全とは言えません。
徒歩での移動の際には必ず人通りが多いところを選んで歩くようにしましょう。

このように、外歩きは安全と言われているところを通っていれば問題ありませんが、治安というのは何も身の危険だけを意味するわけではありませんよね。
そう、観光地で気をつけなければならないのは、スリや置き引きです。

特に物珍しい周りの景観に気を取られて財布をすられたり、日本のレストラン気分でカバンを置いて席を立った隙に盗難に遭ったという話は枚挙にいとまがありません。

ラスベガス滞在中に注意すべきポイント

それから写真を撮る際にも注意が必要です。
スリの被害に遭うのは、日本人が多いそうですよ。

ついついインスタ映えを狙って良いショットを撮ろうと夢中になっていると、いつの間にか貴重品を盗まれていたなどということがないように注意しましょう。

また、ホテルの中で気をつけたいことの二重丸は、従業員のフリをして部屋に押し入り金銭を要求するという犯罪についてです。
部屋に入ったら必ずきちんと鍵が閉まっているかを確認し、貴重品は出しっ放しにしないで備え付けのセ-フティ-ボックスを利用するように心掛けてください。

こんな風に言われると、「ラスベガスって全然治安が良くないじゃん!」と心配になってしまう人もいるかもしれませんが、転ばぬ先の杖は、とても大切です。
大体滞在中に何らかのトラブルが起こってしまっては、旅行は台無しになってしまいますよね。

ラスベガスは立ち入り禁止地域を把握することと、ホテルでの貴重品管理と鍵かけ、そして道を歩くときに少し注意を払うだけで、十分に危険から遠ざかることが出来る安全な街であるということを是非覚えておいてください。

そして、日本では経験出来ない本場のカジノを、心ゆくまで楽しみましょう。