オンラインカジノは還元率を考えると勝ちやすいギャンブル

還元率とは?

オンラインカジノは還元率を考えると勝ちやすいと言えます。
ギャンブルには還元率というものがあって、これが勝率に大きく関係しているという事があるのです。

参考:宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率 資料3

どんなギャンブルであってもその仕組みはプレイヤーから参加費を徴収して、胴元が手数料を差っ引いて、残りをギャンブルの勝者に還元するという仕組みになっている。

この還元の率がどれぐらいになっているのかという事で、勝率は決まるようになっているというわけです。
胴元は当然、手数料にプラスして自分達の収益と運営にかかるコストを参加費から差っ引く必要がありますから、この運営にかかるコストというものが大きな意味を持つことになるというわけです。

運営にかかるコストが安ければ、それだけ引かれるお金が少なくなり、商社に還元されるお金は多くなるわけですから、これは極めて大きな意味を持つことになります。

オンラインカジノの還元率は約95%程度!

還元率についてはカジノを運営するところで変わってくることにはなりますが、概略すると一般的なカジノでは約70%程度というように言われています。
これがオンラインカジノになれば、約95%程度になるとも言われていますから、全く異次元の違いという事になると考えていいでしょう。

これだけの違いが出るのは、オンラインカジノは圧倒的にコストをかけないで運営をすることが出来るということになるからです。
基本的にカジノの運営で最もお金がかかるのは人件費とも言われていますから、人がディーラーをしているような所は圧倒的にコストがかかっていると考えていいでしょう。

当然そのコストはプレイヤーの参加費から徴収されることになるわけですから、それだけ勝率は下がってしまう事になります。
ギャンブルの勝ち負けが運によって決まると考えている人も少なくはないかもしれませんが、カジノにおいてはそのような事はありません。

厳密に管理されていてプレイヤーが価値過ぎないように管理されているという事は暗黙の了解にすらならっていると考えていいでしょう。
そうでなければカジノを運営することは出来ないのです。

確率論を駆使する

今日は儲かったけれども、明日はとんでもない損を出すかもしれないという事であれば、カジノを運営することは出来ません。
これは、確率論を勉強すると良く分かります。

すごろくの目をどの目を出すのかという事を操作することは出来ませんが、確率としてどの目が当たりにするのかという事を考えればいいだけの事で、6の目が出た時を当たりという事にすれば、確率は6分の1という事になりますから、これを考えて集めたお金を還元するというようにすればいいわけです。

分かりやすいように、当たりを4と5と6とすれば、半分の確率という事になりますから、その場合は当選金を集めたお金の半分以下にするという事をすれば、収益は出るという事になります。

こうした確率論などを駆使して、還元率というのはカジノにおいては極めて厳重に管理されるようになっているので、この違いというのは如実に勝率となって出てくることになるというわけです。

まとめ

還元率が70%程度のところと、95%の所では実感できるレベルで勝率が異なる事が分かるでしょう。
日本でいうと昔のパチンコ屋の設定で当たりやすい台とそうでない台との違いぐらいの感覚を持つと良いかもしれません。

昔のパチンコ屋は故意に意図的に当たりやすい台とそうでない台を区別しているという事をすることもあったのですが、それぐらいの違いがオンラインカジノと他とではあると考えていいでしょう。

何しろ最も多くのコストがかかる人件費がオンラインカジノはほとんどかかりません。
場合によっては人件費は運営者のみでも運営出来てしまうのですから、これが高還元率を実現することが出来る理由といって間違いはないはずです。